キーボード

【ハイエンド】Corsairから新型キーボードK100RGBが発売!

2/6にCorsairから新型キーボードが発売されました!

K100 RGB!

一見ゴツく見えるのにこの洗練されたフラットなフォルム!!
キーのフォント堅すぎずまろやか~な感じです!

今までのゲーミングキーボードのスペックを遥かに凌ぐ性能を持ち合わせています。

ハイエンドのゲーミングキーボードが欲しい方に非常にすすめなキーボードです。

こんな方におすすめ

こんな方におすすめ

・ハイエンドのゲーミングキーボードの購入を検討している方
・周囲のゲーマーと差をつけたい方
・とにかく性能を重視したい方

K100 RGBのおすすめポイント

K100 RGBのおすすめポイントを紹介していきます!

興味がある方は検討してみるのもアリよりのアリアリです。

洗練されたフラットなフォルム


これに尽きます。美しい。

キーボード上部はやや厚めですが、キー部分は結構薄いようです。
横から見ると結構わかると思います。(Corsair公式動画を貼っておくので参考にしてください。)

また、パームレストが付属しています。
パームレストはマグネット式になっていて、キーボードにカチッと吸い付くように取り付けることができます。
パームレストを装着した状態だとかなりごつく見えますが、高級感のある材質なのもGoodですね!

応答速度がめちゃくちゃ速い!!

K100 RGBの入力応答速度は0.5msです。
めちゃんこ速いです。

標準的なゲーミングキーボードのほとんとが2msです。
つまり戦闘力4倍です。

そりゃベジータも勝てないわけですよ。

ちなみに、僕の愛用しているHuntsman Eliteも2msです。

また、K100RGBには2種類のキースイッチを採用しています。

・CORSAIR OPX

CORSAIR OPXは光学式メカニカルスイッチです。
Razerで言うとリニアオプティカルスイッチと似たようなキースイッチです。

性能は作動距離1.0mm、押下圧45g。
Razer第一世代リニアオプティカルスイッチと同等のスペックを持ち合わせています。

反応極振り俺最強!!を求める方はこちらがおすすめです。
ただし、少し触れただけでもキーが反応するので、タイピングパーフェクトマスターレベルの方を推奨します。

・Cherry MX Speed

Cherry MX Speedは非光学式メカニカルキースイッチです。
Razerで言うとクリッキーオプティカルスイッチと似たようなスイッチです。

性能は作動距離1.2mm、押下圧45g。
Razerのクリッキーオプティカルスイッチよりも作動距離が0.3mm縮んでいます。
スペック的には第二世代リニアオプティカルと同等でしょうか。

特にこだわりが無い方はこちらのキースイッチをおすすめします。

 

マクロ専用キーでゲームを快適にプレイ

K100 RGBはキーボードの左側に6つのキーが設置されています。

これらのキーは、専用の「Elgato Stream Deck」というソフトウェアを使用することで
自由にマクロコマンドをプログラムすることができます

多くのゲーミングキーボードはマクロ専用キーがキーボード上部だったり、右上にあったりで
とっさにボタンを押すのが非常に厳しい面がありました。

一方、K100 RGBはキーボードの左側にマクロキーを配置することで、WASD移動を伴うようなゲームでも簡単にキーを押すことができます。

この配置は本当に神配置だと思います。

しかもFPSキーキャップセットと、MOBAキャップセットが付属しており、
必要に応じてキーを交換することもできちゃいます!

K100 RGBのデメリット

ここまでこれでもないくらいに褒めてきましたが、K100 RGBにはもちろんデメリットがあります。

購入を検討している方は、デメリットを踏まえたうえで決断することをおすすめします。

価格が非常に高い

PCワンズ34,650円でした。

高すぎでしょ…。
logicoolやRazerのハイエンドキーボードでも30000円以下です。

しかし、品切れでした。
スペックは既存キーボードと比較してはるかに凌駕しているため、かなり人気はありそうです。

ちなみに、僕の所有しているHuntsman Eliteは楽天市場で24,800円で買いました。
1万円も違うよぉ…。

購入は慎重に行ってください。

大きすぎてデスクのスペースを占領してしまう

画像や動画の通り、パームレストを装着するとめちゃくちゃでかいです。

フルサイズキーボードということもあり、横も長いです。

本体サイズは横47cmx奥行き16.6cmx高さ3.8cm。
これにパームレストが付くとおよそ8~10cmっほど奥行きが必要になります。

購入を検討している方はデスクスペースを確認した上で購入してください。

 

以上、Corsair K100 RGBの紹介でした。

正直欲しいです。
非常に買いたいのですが、価格がネックなのでもう少し余裕が出てから購入してみたいと思います。
購入した際は実際の使用感等も含めてレビューさせて頂きます。

それではまた!

 

 

ABOUT ME
Hare
THE豆腐メンタルことHareです。 うつになったら梅雨がやってきました。 メンタルに関連する情報やガジェット、アウトドアについて発信しております。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA